google-site-verification=AYy3ciB7jPP7iF8icy73SNP03Y9hm7cv-DBHbcHmaOw 漢字検定(漢検)3級に合格しました、「過去問」は必要です - 大人女子の87選

漢字検定(漢検)3級に合格しました、「過去問」は必要です

漢字検定(漢検)は私立の高校受験の内申書の加点になるところが多く、3級、準2級は高校受験前に是非取っておきたい検定!という訳で、うちも6月に受けました。 

 

先日、検定結果が送られてきて、見事!3級合格しました❣ 

やっぱり合格すると嬉しいもの。 

これで私立高校の加点1も獲得できました。

 

漢検の過去問はやっぱり必要でしたので、各級ごとのおすすめ過去問、合格率、合格ライン、漢検の受験方法、受験時間をお知らせしたいと思います。

 

英検に比べて漢検は見逃されがちですが、中学で普通に3とか4とかの成績の子で、3級合格しやすいので、早めに受験すると高校受験に有利ですよ。 

漢検の「過去問」

漢字検定

1級、準1級

合格率 

1級 10.4%  準1級 24.9%

程度 大学、一般程度

2級

合格率 28.0%

程度 高校卒業程度

準2級

合格率 39.7%

程度 高校在学程度

3級

合格率 49.4%

程度 中学校卒業程度

 

今回受験した合格点は200点満点で140点以上が合格でした。

約7割できれば合格というのが、目安になると思います。

 

4級

合格率 54.5%

程度  中学校在学程度

 

漢検の受験方法 

カレンダー 予定

漢検の受験は1年に3回(2月 6月 10月)、日本漢字能力検定 (kanken.or.jp)

よりネットで申し込みができます。 一般受験と団体申し込みの準会場とがありますので、以下の記事もご覧ください。

一般受験

団体受験ではなく個人受験する場合です。

年3回、受験月は 2月 6月 10月

申し込みは受験日のおよそ2カ月前から受付していますので

申し込み月は4月、8月、12月あたりになります。

ちなみに2021年10月の申し込み期間は8月18日~9月3日です

詳しくは

日本漢字能力検定 (kanken.or.jp)

 

準会場 (団体)

学校や企業などで志願者が一定人数以上集まると、団体での受検が可能です。

うちは近くのKUMONが年に一回漢検の受験会場をしていましたので、近所で受験ができました。 

学校やKUMONなどで申し込み募集している時は近くで受けることができます。

御参考までに、うちが受けたのは横浜市のKUMONで、年に1回漢検の準会場をするそうです。

うちは近くで受けることができて、とてもありがたかったです。

ひのKUMON教室

横浜市港南区日野8丁目31-16 奥村ビル2F

お近くの公文教室で受験会場をしてくれているといいですね。 

検定料

 

漢検検定料

 

検定時間(一般受験の場合)

漢検検定時間

合否結果

漢字検定合格

合否結果は受験の約1カ月後に送付されてきます。

準会場で受験すると、会場責任者のところにまとめて送付され、受験者に配布されます。

秘密厳守で封印されて送られますので、合否結果が他の人にわかる心配はありませんのでご安心を。

まとめ 

中学3年生の娘の漢検3級受験をきっかけに漢検について詳しく知ることになりました。

娘によると、過去問をしっかりしておくと、同じ問題が出たりするのでおすすめとのことでした。 

問題の傾向もわかるし、試験当日も読み、書きなどどんな割合で出題されるかも予測がつくので、過去問は必需品と言えますね。

年に3回の試験ですので、高校受験に必要な人は内申に間に合うように早めに漢検を受験し、結果を手に入れておくことが大切です。 

余裕を持って受験してくださいね。

最新の過去問はコチラです

関連記事

中学生の叱り方、むつかしい