ふるさと納税で鶏肉はおすすめ!地鶏は美味しい&コスパに大満足

楽天ふるさと納税で地鶏丹波黒どり、赤どりのもも肉、合計4kgを返礼品でもらいました。
寄付したのは【ふるさと納税】<京都亀岡丹波>地鶏 丹波黒どり&丹波赤どり もも 各2kg 計4kg亀岡20,000円です。

大きさの比較にペットボトル500mlのお茶と一緒に撮った画像がコチラ

ふるさと納税 丹波地鶏 黒どり 赤どり

鶏もも肉って唐揚げ、塩焼き、ソテーなど一番使う部位ですよね。

地鶏は初めてでしたが、到着した冷凍便を解凍して料理に使うと、スーパーで買うものとは違った旨味、ジューシーでしっかりした肉質、脂肪のブヨブヨしたものが少ないのも嬉しいポイントでした。

 

スーパーで買うものと違ったおいしさ、合計4kgってもも肉何枚?、半解凍して小分け冷凍の方法などお伝えしたいと思います。

もも肉の冷凍ストックがあれば、メイン料理が決まります。地鶏もも肉、おすすめですよ。

地鶏丹波黒どり、丹波赤どりの味、スーパーの鶏肉との違い

ふるさと納税地鶏

地鶏丹波黒どり、赤どりはスーパーで売っている国産鶏もも肉と比べて何が違うのか、そんなに違うの?という点をあげてみました。

 

1)脂肪の量が少なく、ヘルシー

黒どり、赤どり、どちらもスーパーで売っているものより皮と肉の間によくある脂肪が少なく、健康で運動していた鶏なんだなぁ~と思いました。

2)肉質が弾力があり、しっかりしていて、うまみがある

肉質は弾力があって、ジューシー、硬いというより、噛み応えがあって、うまみが出てくる感じです。

3)黒どりはモモ肉1枚が大きくて食べごたえがある

黒どり2㎏、赤どり2㎏、計4kgですが、同じ2kg入りでも黒どりは5枚、赤どりは8枚入っていました。 

黒どりの方が1枚400g前後で結構大きく、食べ応えがあります。栄養もスーパーで買うものよりタンパク質やミネラルが豊富に含まれているのではないかと思ってしまいます。

 

栄養価に関する資料はありませんでしたが、食べてみると栄養ありそうというのがわかります。(笑)

 

丹波地鶏の量

ふるさと納税地鶏 量

量はその時の大きさによって違いがあるようですが、我が家に来た2kg入りパックを半解凍して小分けした結果はー

 

黒どり 2㎏ 5枚入っていました

赤どり 2㎏  8枚入っていました(画像)

 

 

これで20,000円の納税は安いと思ってしまいました。

 

 

楽天ふるさと納税

うちは楽天ふるさと納税で申し込みしました。 理由は楽天ポイントが貯まって、お得だからです。
他にも【さとふる】【ふるなび】からもふるさと納税できます。

楽天ふるさと納税からの申し込みはコチラ

【ふるさと納税】<京都亀岡丹波山本>地鶏 丹波黒どり&丹波赤どり もも 各2kg 計4kg亀岡20,000円

 

保存方法

ふるさと納税地鶏 保存

ふるさと納税地鶏 保

カチコチに冷凍されたもも肉パックは冷蔵庫でまる一日解凍すると半解凍になりました。季節にもよりますので、目安にしてください。

もも肉を一つ一つ分けて、ポリ袋に入れ、まとめて大きなジプロックに入れてできあがり!

ジプロックの方が再び冷凍庫に入れ、使う分だけ前日に冷蔵庫に移動させれば、いい感じで次の日つかえます。

 

まとめ

丹波地鶏の黒どりと赤どりのももセット、4kgのふるさと納税返礼品はボリューム満点、地鶏のおいしさも満喫でき、コスパ最高でした。

鶏もも肉って、唐揚げや塩焼き、ソテーなど、一番よく使う部位なので、冷凍室にあると本当に助かります。冷凍していても地鶏だからか、おいしさがキープされて、スーパーで買うものとは味が違います。 

栄養も豊富な気がしました。一度栄養成分をしらべて公表したら、もっと人気が出るかもと思いました。 

 

ふるさと納税、前半戦ですが、早くもリピ決定がみつかりました。

 

【ふるさと納税】<京都亀岡丹波山本>地鶏 丹波黒どり&丹波赤どり もも 各2kg 計4kg亀岡20,000円

 

関連記事

ふるさと納税は早めにすると得する、3つのメリットとは?

ふるさと納税の返礼品 主婦が選んだ良かったもの6選

ふるさと納税の鮮魚定期便、人気楽天のおすすめを主婦が比較した

馬刺し【楽天ふるさと納税】熊本、たてがみ、ユッケに感動

ふるさと納税で馬刺し「利他フーズ」をリピ!2022年はコスパで赤身

New!→ふるさと納税 おすすめ!鮮魚詰め合わせ高知県須崎はリピート決定

ふるさと納税、福岡県古賀市の果物定期便、「いちご」「ニューサマーオレンジ」のレビュー

ふるさと納税、高知県須崎市おすすめ、お刺身定期便全6回の画像

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ